「沈みつ浮きつ」若き人の為に(8)最終回

 明月は波に沈まず昭和16年7月1日)

 

 亀三郎翁は(若き人の為に)と題し、昭和15年を中心に口述しているが、最後の章が、昭和16年7月1日となっている。

 時代は太平洋戦争の直前で、6月には汪兆銘(精衛)が来日し、高輪の山下邸にも来て政府要人を交えて会食している。

前年には亀三郎は、重慶から逃れた汪を自船「北光丸」でハノイから上海に移送しており、汪はその恩に対し感謝を表明した。

亀三郎は刎頸の友秋山真之と共に、中国の革命家・孫文を重要な人物と見込んでいた。孫文が病死して、その遺志を継いだのが汪兆銘だった。

 亀三郎翁は、今後の日支関係はどうなるか。独英の戦争に米国が何時参戦するのか、独逸が英国に上陸作戦を開始する時かその前か?独逸はソビエトに戦争を仕掛けたが、日本はソビエトに対して如何にするのか、全世界的に問題は混乱してきたと危惧していた。

 翁曰く、「我々の大なる禁物は、無暗と取越し苦労をして行き詰った考えをする事で有る。私は茲に於て断言したい。我が日本としても、又我らに関する仕事の範囲に於いても、決して行き詰るなどという事はないと確信して居る。それは何故かと云えば、日本が支那に対しても、英米に対しても、独ソに対しても、蘭印、印度支那其の他に対しても、決して横紙破りの事を考えて居ない。支那に対する聖戦は何事を物語っているか。蘭印に対しては如何なる筋合に於て要求して居るか。日独伊の枢軸はどうして出来たのか。凡て天地に恥じない正道を踏んで居る。

 そして我等は、海運、石炭、造船、築港、植林、皆一つとして国家の基礎工事たらざるなき筋合の仕事に励み、少しも私心を差し挟んで居ないのである。

 天は結論に於て正しきものを佑け、自然は必ずや正しきに終わるものと思って居るから、この断言をなすのである。汪主席が今日在る所以から云ってみても、百万の兵を有する蒋介石に対して、一兵を有せざる汪氏が互角の相撲を取り、而して我が日本朝野の支援を得るに至ったことも、その思慮が東亜全面平和に対する正しき発心から起こったからであると思う。

 私は、もう十日もすれば例年の如く軽井沢ドック入りをする時期に到達するから、その数日間各方面の識者に対して問いを発して見たが、部分的にはいろいろ懸念すべき事実もある。

憂国の士としては、国を憂うる部分のあることも尤もだと思うが、我等は、農夫が田畑を耕し、職工がその職に働くが如く、国家の事業の或る部面に働いて居るものであるから、政治家として国を憂うる人などなど思考行動を共にすることは絶対禁物で、種々なる取越し苦労を避けて、運命は天に任せ、最善の努力をしたいと思う」

 ***

 亀三郎翁は、『沈みつ浮きつ』の自序に「近衛女史が、私の気合をよく呑み込んで、或いは会社に或いは高輪の宅に、或いは夏の軽井沢に、冬の熱海に、よく私に協力して下さった事を感謝したい。若し女史の巧みな誘い出しがなかったならば、私はこの半分も記憶を辿ることは出来なかったであろうと思う」と昭和18年1月30日、湘南大磯野荘にて著者と、書いている。

 

 

f:id:oogatasen:20160427162137j:plain
f:id:oogatasen:20160427162357j:plain
f:id:oogatasen:20160427142607j:plain

愛媛県立吉田高等学校の「吉田三傑資料室」には

『沈みつ浮きつ』(昭和18年発行)の本が陳列されている。 

中央は徳富蘇峰の直筆(2016.4月撮影)

 

 

「沈みつ浮きつ」若き人の為に(7)

 慌ただしかった此の一年

昭和15年12月21、24日)

  亀三郎翁は慌ただしい昭和15年を辿っていた。2月には台湾へ旅行し、3月末に吉田町に帰省、7月から9月まで軽井沢に移住し、10月に入って上海、南京を旅した。東京には150日しかいなかったが、朝から晩まで電話にかかっているか、人を訪ねたり、会ったりして、会社の用事を聞いている時間がなかった。

「自分はガチャガチャした性質だから別に何も思わないが、他から見て実に可笑しく見える事だろうと思う。来年は、今年以上に変化の多い年ではないかと思われるから、余程気をつけねばなるまい。

 新体制、翼賛会、会社経理令、何々国策会社、何々条例等々、之を批評する者から云えば中々極端な言を為す人もあるが、我々は批評家の側でもなく、議論する側でもないので、政府の命令には服従して働いている。若し批政ありとせば、大なる政治家が出て来て之を矯正して、眞に国民が心服するように指導するのを俟つよりほか仕方ないと思って居る。石の上にも三年という諺があるが、この諺をよく玩味して行くことである」と語っている。

 翁は、近衛文麿内閣の新閣僚、平沼騏一郎内相就任について、新体制で行き過ぎた事を矯正される人事は、近衛公の大達観と評している。

昭和16年、17年は余程困難を覚悟しなければならない年だと思うと共に、一方には非常な面白味もあると思う。風浪怒涛は海上だけの専有物ではない。陸上にも濃霧も有れば風浪怒涛もある。これと闘って後、初めて天気晴朗な時の爽快なる味を嘗めることが出来るのである。

 各関係会社の諸君の多幸なる新年を迎えられることを祈って、御同様来年は一層緊張して働きたいものだと思う。26日の夜はもう一度神戸に行き、28日には例年の吉例たる伊勢大神宮を参拝して、大神楽を上げて諸君の健康を祈ろうと思って居る」と口述した。

 ***

 昭和15年は日本の行方を決める重要な年だった。日独伊三国同盟が締結され、日本軍の南進が決定し、国民の生活物資の配給制が始まった。1月阿部信行(陸軍)内閣が総辞職、米内光政(海軍)内閣成立、7月第2次近衛内閣成立、東条英機陸相になる。

 この年、亀三郎翁は、社内の反対を押し切って陸海軍に1千万円を献金した。 

 海事研究家の住田正一が、昭和16年、第一公論社から出版した「聞くもの見るもの」には、亀三郎翁のことが多く取り上げられている。住田は大正6年、神戸の鈴木商店に入社した。大番頭・金子直吉の秘書として、山下汽船に出入りし亀三郎翁と面談したことがあるのだろう。住田は、亀三郎翁が昭和15年、軍に1千万円を寄付した時の感想を聞いている。

 翁曰く、『寄付というものは必ずしも、金を持って居るから出来るというものではない。寧ろ其の時ありたけのものを出すと云う気持ちにならなければ出来ない。

早い話が、僕が1千万円寄付したということは、1千万円しかないという事である、世間の人は山下は1億円の金ができたから、その1割1千万円を出したと考えるかも知れない。然しそれは間違いである。山下は1千万円しかないということである』

 話題は更に転じて

『元来僕は無一文から出発した、それが私の強みであり、身上である。無一文からその上の財産はプラスであるから、それを増やすとか、失うという事に対しては、気楽に考えることが出来る。

 僕は過去五十年の海運生活を考えてみると、幾度か幾度か難局に遭遇した、鉄道自殺をしようかとさえ考えた事がある。だが、其の時も思った、債権者は沢山に押し寄せて来る、然し何の債権者も金を返せとは言うが、事業を止めろとは言わない。だから自分は船舶業を固守し、持ちこたえて来たのである。債権者が事業を止めろとは言わない、金を返せと言うのであるから、死んでは相済まんではないか。

 人間は生死の境に立って、一番大切な事は心の構え方である。自分が無一文から出発したという事が、斯かる場合に於いても最も力強く働くのである。楽に決心することが出来る」と住田に述べている。

 住田はこの本に“貧乏人の強味”と題して翁の事を書いているが、最後にこのように締めくくっている。

――貧乏の家庭に生まれた事が人間として幸福であるという事はしばしば聞く話である。人世の出発点がマイナスであり、それからプラスに歩み出すのであるから努力に張合いがあると云った事があったが、その言葉がよく分るような気がする。

 考えてみると、やはり神様には目こぼしは無いようである。貧乏人には貧乏でなければ分からない幸福の境地が授けられてあるようである。――

f:id:oogatasen:20200208121228j:plain

昭和17年出征兵士を吉田港桟橋で多くの人達が見送っている。

夫、息子を送るのであろうか、婦人の姿が多く見える。

(写真:河野哲夫氏提供)

 

「沈みつ浮きつ」若き人の為に(6)

 社員の採用方法昭和15年8月28日) 

 亀三郎翁は、明治28年頃、伊藤好三郎、中村定安を最初の小僧として雇った。彼らはその後、山下鉱業の取締役になった。それから窪田操、林武平、大藤友松を採り、船をやるようになって、竹原宗太郎、鋳谷正輔、玉井周吉等を採用した。

 明治43年、神戸支店が出来て初めて大卒を採った。京都大学・末廣教授の推挙で、今西興三郎、内藤正太郎外一名を採用。

 明治45年ロンドンへ初めて社員を置いた。一ツ橋高等商業の高野進で、その頃、同郷の伊東米治郎が郵船会社ロンドン支店長だったので、他社の人間であっても伊東の事を頼んでいたそうである。

 今日こそ(昭和15年頃)毎年、大学、専門学校、甲種商業学校から50人、60人採用するが、明治42,3年頃は、山下が学校出を採ると云っても希望者は少なかった。

 亀三郎翁の採用する信念は、創業以来変わらず、一顔一見主義で、両親があるか無いかを聞き、その父と母を思い浮かべて採否を決する。早いのは2,3分遅くなっても5分で決まる。不採用の人から「よく我等を見もしないで採る採らぬを決める、人を馬鹿にしている」という非難も一向に耳を傾けなかった。

 翁は、「私は書物は眼鏡なしでは一行も読めないけれど、人間を見る目は眼鏡など必要としないつもりだ。学校の成績など、その課目を記憶していたか、いなかったと云うだけの話であって、人間としての神経が間違って居ったら、如何に立派な成績表でも役に立つものではないものと信じて居る」と語っている。

***

 ここに登場する郵船会社ロンドン支店長・伊東米治郎は、宇和島の出身で、亀三郎翁より4歳年上、19歳で上海から米大陸に移り、苦学してミシガン大学を卒業した。その後日本郵船に入社、上海支店長、ロンドン支店長を務め、後年、大社長近藤廉平の後を引き継いで4代目の社長に就任した。

 大正6年京都帝国大学大学院の田中正之輔は、冷やかしで山下汽船を覗いた。就職を紹介した教授の顔を立てるつもりだった。当時の帝大生の半分が総合商社、貿易商を就職先とした。その次が銀行、損保生命だったそうである。亀三郎翁は一眼、田中を見て「君は何時から来るかね」と握手を求めて来たという。

田中はその後、頭角を現しロンドン支店で大戦後の不況時に5隻の船を購入した。しかし、昭和5年(1930)山下を離れ大同海運を設立した。

 吉田町白浦出身の浜田喜佐雄は、大正7年に店童として山下汽船に入社した。田中は店童の教育係りだった。浜田は田中に従い大同海運に移った。(後に、ジャパン近海社長となった。ブロガーを採用してくれた恩人で、母の親戚にあたる)

  時は過ぎ1989年、山下、大同は合従連衡の末にナビックスラインとして再統合される。

f:id:oogatasen:20200207110007p:plain
f:id:oogatasen:20200207110141p:plain

   (田中正之輔と店童時代の浜田喜佐雄 出典:トランパー)

 

「沈みつ浮きつ」若き人の為に(5)

 夏は炎暑と闘ふべし昭和15年8月3日)

 

 亀三郎翁は、冬は熱海で寒さを避け、夏は有馬または軽井沢の避暑地で過ごした。だが、決して働き盛りの人のすることではないという、翁は年老いたこともあるが、避寒を覚え避暑を味わってから、寒暑に耐える抵抗力が非常に薄くなったと嘆いている。

 「現に、今年7月10日に軽井沢に来て以来、その中頃に5、6日間帰京して、よんどころなき用を達したが、その暑さから受ける苦痛の為に、静かにものを考え、静かに筆をとることが出来なかった。今後我々は、南方の熱度に対して大いに計画を立てなくてはならない時に於いて、壮年者は先ず熱に耐ゆるの鍛錬をする必要があると思う。それで、夏は炎暑と闘う、こう言う行き方にしなくてはなるまい」と語っている。

***

 翁は、逗子、須磨、筋(郷里)、小田原、大磯、熱海、玉川、軽井沢に別荘を建てた。

 囲碁・将棋は知らず、ゴルフ、トランプにも一切興味を持たない男は、気持ちの転換を図るため別荘を転々とした。そこで気の合った人と話すのが読書の代わりになり、碁将棋の代用になると言っていた。

 下の写真は孫の山下眞一郎氏から頂いたビデオで、BS11局「経済人バイオグラフィー3枚の写真」から引用した。

 眞一郎氏が3歳の頃、軽井沢の別荘で撮ったもので、亀三郎翁はとてもやさしいお爺さんだったと語っていた。

 

f:id:oogatasen:20151029202127j:plain

 

「沈みつ浮きつ」若き人の為に(4)

  人のふり見て昭和15年12月20日

  人のふり見て我がふり直せ、この諺は娘子に対してその親が言ったことから生まれたと亀三郎翁はいう。

娘の友達の着物の着方、帯の締め方、髪型を見て、自分の身を振り返って見よ、という事。翁は、これは誠に意味深長で、天が我々に与える頂門の一針と言ってよかろうと語っている。

 翁の経験から十数年来の取引先などで、あのやり方、ああいうことを続けて、どうしてあの位置が保たれるか不思議に思っていると、何時となく地位を変えられ、閑職に追いやられ、一両年経つても反省の実が挙げられず、遂に自然淘汰される。

 また、何々コンツエルンとか言って50歳程のやり手と称される人が、その経営を理想的、数字的に編成し、限りなき発展を図っていたが、今日に於いて大なる蹉跌を来した。これ等もその人のやり方を見て自分が振り返って見る大なる参考資料となる。

 翁は、仕事をする中で信念のみで進むことは甚だ危険で、時々これで良いのかということを、第三者のやり方を見て、我が経営方法に生かすことが肝要という。

「信用の鍵というものはこれを第三者が持っているもので、決して自分が持っているものではない。信用のみでなく自分の価値、自分を計る尺度というようなものも、これは第三者が自分をふむ価値、自分を計る尺度の方が確かで、自己価値、自己尺度というものは決して確かなものではない」と述べている。

***

 ブロガーの拙い経験からも云えるが、自分の周りにも反面教師はいるもので、あのようには成りたくない、あれはヒドイとか、しかし自分自身も端から見るとどうだか、と反省したりすることがある。

 会社でも倒産するにはそれ相応の理由がある。経営者の放漫経営で有ったり、現状をよく観察せず将来を見誤ったりして会社を潰す。勿論、経済情勢の激変など外的要因で会社が立ちいかなくなることもあるだろう。

 ブロガーは運が良かったのか、会社の倒産、転職などの憂き目に遭ったことがない。合従連衡はあったが、会社は存続した。余程、経営陣・先輩たちが優秀だったのか、先人の教えの通り“人のふり見て我がふり直せ”と切磋琢磨されたのだろう。

 山下亀三郎翁は、七転び八起きで世間の荒波を越えて来た。

絶頂の時は周りが見えないものなのか?人のふりを見ることもなく、遂には奈落の底に落ちて行った。

だが、翁は失敗を繰返しながらも、不撓不屈の努力で何度も立ちあがった。

「沈みつ浮きつ」には、亀三郎翁の体験談が豊富に載っており、現代人にも参考になる所がある。

 

f:id:oogatasen:20200205114910p:plain
f:id:oogatasen:20200205114721j:plain
f:id:oogatasen:20200205114610g:plain

  18歳で上京     京苑先生筆    絶頂時、吉田寄港

  (宮本しげる『トランパー』より引用)

 

 

 

「沈みつ浮きつ」若き人の為に(3)


 仰向けの唾
昭和15年12月9日)

 亀三郎翁は、天に唾する行為を戒めている。翁は、若き人に向ってあえて当たり前の話を老婆心で語っている。

 多くの兄弟がいる家庭で、兄弟の一人が自分の兄弟の欠点を隣の家族に話して、自分だけ好い子になろうと思っても逆に怪しからぬ男と、その人格を卑しむのみであろう。

 また会社、団体に於いても亦然りで、内部の秘密は決して他に洩らしてはならない。

 翁の独特な口述は続く…

「我々会社同人は丁度金魚をガラス鉢に入れたように、金魚の生立ち、その性質をよく諒解して居るから、自分が如何に塗抹し、如何に修飾しても、他はこれを承知するものではない。

 仮に私としても、大きな年を取った金魚をガラス鉢に入れて、その周囲から諸君が見て居られると同じ事で、親爺がこう云うたが、これはこんなつもりで云うたのだ、親爺はこういう人と交際をして居るが、これはこんな意味だというようなことを、先手々々として知って居られるに相違ない、また知らるベき筈と思う。之は一家族でも同様で嫁兄弟、両親の団体に於いてその嫁の性質、その姉妹の性質は親がこれをよく知っているものである。誰かが何か言って其時は悟らなくても、その数日後には、あの子が4、5日前に言ったことは、これをこう思わす為に言ったのだということが自然に分って来る。

 知らぬは亭主ばかりなりという諺があるが、私はこの諺を借りて、知らぬは自分ばかりなり、人は皆知って居るんだ――と、こういうことを言って置きたい」と語っている。

***

 亀三郎52歳頃、欧州戦争バブルで成金が謳歌していた時代、著名人として顔を出している。大正8年出版の『修養と逸話』神部飛雄太郎著に“山下亀三郎植木屋にぺケを食ふ”という題のエピソードが書かれている。この最後に、山下亀三郎氏唯一の標語(モットー)は「人間は算盤を以って始まり人格に終わる」とある。この逸話は、亀三郎が鼻をギュンギュン鳴らして居た頃で、正に算盤勘定に精を出していた。   

 上記の「仰向けの唾」は亀三郎75歳頃、晩年の口述で、まさに“人格に終わる”というモットーを示すもの。

 『修養と逸話』は当時の著名人について270の短いエピソードが書かれており実に面白い。国会図書館デジタルコレクションで「山下亀三郎」で検索すれば閲覧可能。

 一例を掲載すると、98 穂積博士学生に一本参る

――帝大法科に乱暴な学生が居て、何時も下駄ばきのままで教室に出入りする。鷹揚な大学教授のこととて別に咎める人もなかったが、独り厳格を以て聞えた穂積博士が或る時その不都合を詰責した。

所がその学生の言う所がおもしろい

『先生は教授であって、事務官でないから、ソンナことを咎める権利はありますまい』と、ドウしても動かない。流石の博士も遂に事務官に命じて、

『自今学生は下駄ばきにて教室に出入すべからず』と掲示せしめ、どうなり治まったそうな。――

 ( 穂積博士=穂積陳重宇和島市出身)

f:id:oogatasen:20150505095756j:plain
f:id:oogatasen:20150505095813j:plain

   (宇和島市「穂積橋」ブロガー2015.5.5撮影)
 

 

「沈みつ浮きつ」若き人の為に(2)

  内智と外智の説昭和15年9月27日)

  亀三郎翁は、頭の良し悪しについて一家言を持っている。

 頭が好いということは、知識に富んでいる事で、本当に頭が好いという事とはチョット違うのではと仰る。

 つまり知識は専門家に聞けば得られるもの。電気の事は電気学者に聞き、科学の事は科学者、経済の事は経済学者に聞けば、その専門の知識は得られる。しかし、好い頭は人から取れない、得られないというのである。(当然の事である)

 頭の好いということは、知恵のある人というのが定説。この知識は書物からとり、雑誌からとり、人の話からもとれる。

これを翁は他智(外智)といい、自分の頭で判断することを自智(内智)といいたい、即ちこれが、頭が好いか悪いかということになる。

 翁は、会社についても、内智と外智があり、内智は自分の会社の組織、会社のやり方を一番好いものと考えて、外の組織、他の会社の長所、つまり外智を取ることを考えないのは、甚だ注意すべきという。

 大阪、神戸で相当な地位に就いた人が、東京に追々関係が出来て、東京の団体の寄合いに出てみると、どうも大阪、神戸の方が物識りで、東京の人が物を知らず、頭が好くないように見える。だが5、7年経つと今度は大阪、神戸はまるで田舎で、本当の仕事をするには東京に本拠を置かなければならない、東京でなければ真の知識を取ることが出来ないと誰もが言い出す。

 翁は十数年間よく気を付けておると、皆その例に漏れない、山下の元社員も同じで「あれは田舎者だ。あれは未だお登りさんだ」と云われる所以で非常に気を付けるべきことと思うと、語っている。

***

 海事研究家の住田正一氏が「聞くもの見るもの」という著書で、山下亀三郎論の項にこう書いている。

 ~山下さんは嘗てこんな事を云った。「世の中には物識りが居る。何を聞いても知って居るという人がある。併しそんな物知りであるから人に使われるのである」

 住田曰く、山下さんは物を知らないかと云うと、決してそうではない、寧ろ知り過ぎている、何でも知っている。ただ勉強の仕方が我々と全然違う、我々は大学で習った学問、インテリ流の読んだ学問である。この人の場合は耳の学問、眼の学問である。方法は全く違っているが、勉強家であることは我々の及ぶところではない。と評している。~

 亀三郎翁は、見聞という点では、ずば抜けている。放浪時代は日本各地であらゆる職業についた。大正9年には8か月間の世界見聞の旅に出ている。

 翁は、勉強嫌いということもあったが、学校で習う学問より体験的学問の方が、生存競争の激しい実業界で生き残るために好いと考えていたのであろう。つまり頭がいいのである。

 ブロガー中学時代の同級生の中で、中学を卒業して早く世間に揉まれている連中の方が、事業で成功している。あるいは独立して店を持っている。これらの同級生は、郷里の偉人亀三郎翁のポリシー独創力を受け継いでいる。

 (住田正一とは?)

 愛媛県松山市出身、第六高等学校から東京帝国大学を卒業後、鈴木商店に入社、金子直吉の秘書となる。その後、東京都副知事を経て呉造船所社長となる。日本海運集会所は、毎年、住田正一三賞を表彰している。

 著書に海事史料叢書、廻船式目考など有り、多くの書籍を残した。息子正二はJR東日本初代社長、孫はジャパンラインに入社と記憶す。

f:id:oogatasen:20140921175919j:plain

 (吉田町の山下亀三郎銅像・ブロガー撮影)